未分類

付箋 デスクトップ【windows 10・出し方・インストール・常に表示・フリーソフト・windows7・かわいい・無料】

付箋 デスクトップ【windows 10・出し方・インストール・常に表示・フリーソフト・windows7・かわいい・無料】

パソコンで作業している時、デスクトップの画面上に付箋アイコンを貼り、メモ代わりにすることができます。

 

そうすれば紙の付箋は不要です。

 

付箋の機能を使えば、作業中に「あ!これは忘れたくない!」といったことが出てきても、

忘れないように付箋にメモしてデスクトップで表示できます。

 

ToDoの内容を付箋にメモしてデスクトップに表示させるのもいいでしょう。

 

仕事でwindows 10やwindows7を使うユーザーは多いでしょう。

 

付箋が標準搭載されていればいいですが、もし搭載されていなくても、フリーソフトをインストールすれば付箋機能が使えるでしょう。

 

デスクトップ用の付箋には、かわいいものも多いです。

 

自分の好みに合った付箋を選べば、楽しく付箋にメモしながら作業の効率化を目指せるのではないでしょうか。

 

忘れたくない内容を付箋に入力しておくことで、確実に実行できるようになります。

 

ミスや抜け落ちが防げるでしょう。

 

それでは、windows 10やwindows7で付箋を使いたい時は、どこから使えばいいのでしょうか。

 

windows 10やwindows7のデフォルトにある「Sticky Notes」が使える

 

 

Sticky Notesというアプリがあります。

 

こちらは、windowsのデスクトップに付箋が貼れるアプリです。

 

スタートメニューの中に、「Sticky Notes」が入っています。

 

Sticky Notesのアプリは、本物の付箋のようなデザインです。

 

手書きする代わりに、付箋をクリックして忘れたくない事を文字で入力します。

 

緊急レベルに応じて、付箋の色を変えて目立つようにもできます。

 

 

Sticky Notesの付箋のカラーバリエーションは、全部で6種類ありますよ。

 

不要になった付箋は、消去してごみ箱行にできます。

 

だから不要になった付箋が邪魔になる心配もありません。

削除ボタン一つで削除できるため、とても簡単なんです。

 

このように、Sticky Notesはシンプルな使い方ができる付箋機能です。

 

付箋を常に表示させておくと、作業中面倒ということもあるでしょうが、付箋はクリックして表示させるものです。

 

タスクバーにある付箋のアイコンをクリックしない限り、常に表示になることはありません。

 

必要になった時、自分で表示させることができるのです。

 

作った付箋はその日限りではなく、たとえシャットダウンしても有効です。

 

またpcを立ち上げた時、同じ付箋が立ち上がるようになります。

 

自分で付箋を消去しない限り記録が残るのですね。

 

Sticky Notesが入っていない場合

 

windowsに初期搭載されているはずのSticky Notesですが、デフォルトで入っていない!というケースもあるようです。

 

そんな時でも、付箋を諦めることはありません。

 

というのも、マイクロソフトからフリーソフトの付箋をインストールすればいからです。

 

マイクロソフトからSticky Noteをインストールする時はこちら

 

https://www.microsoft.com/ja-jp/p/microsoft-sticky-notes/9nblggh4qghw?activetab=pivot%3aoverviewtab

 

 

マイクロソフトのアカウントがあればサインアップし、すぐSticky Noteのソフトをインストールできるでしょう。

もちろん無料です。

 

終わりに

 

パソコン用の付箋デスクトップの機能を使えば、紙の付箋に手書きで書き込む面倒がなくなります。

 

入力してパソコンのデスクトップに表示させておけばいいので、資源も負担も軽減するでしょう。

-未分類

Copyright© なるほど!納得クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.